沿革

•平成12年10月

 •福岡県久留米市荒木町にて酒米搗精の専門会社として資本金300万円で設立。

•平成18年

•資本金を900万円に増資

•平成20年

新精米機5台入替、穀物倉庫新設

•平成21年

•備品庫及びテント倉庫新設

•平成22年

•色彩選別機1台増設

•平成25年

•色彩選別機1台増設

•平成27年

•精米機2台増設

•平成28年

•  精米機1台増設

「2018年九州経済白書」酒米の生産・精米までを含めた日本酒のブランド化の取組として掲載される。

福岡県知事より「経営革新計画」を促進する事業所として承認される。

九州農政局より弊社の「経営力向上計画」が中小企業等経営強化法に基づいたものとして認定される。

KBCテレビ「土曜もアサデス」に出演。「久留米の酒蔵を支える精米加工会社」として放映される。

日本食糧新聞 第1面の「技あり味なカンパニー」のコーナーに「人を磨く・米を磨く ヒサシ通商」の記事が掲載される。

•平成29年

九州経済産業局及び九州農政局より、弊社の事業活動が「農商工等連携事業計画を促進するものとして認定される。

•KBCラジオ「朝どれラジオ」に出演。「高い精米技術をもった搗精専門会社」と紹介される。 

•平成30年

財務大臣及び経済産業大臣より弊社の取組が「地域経済牽引事業であるとして承認される。

•令和元年

新社屋を設立し、株式会社ヒサシ通商に社名変更

© All Right Reserved HISASHI TSUSHO Co.,Ltd