ヒサシ通商の精米設備

ヒサシ通商では、竪型精米機10台と自動プログラム精米機1台を使用しております。

竪型精米機は、手動で米を流す量や速度を微調整しながら製品を仕上げていくもので、

職人の技術力と経験値、時にはセンスが大きく製品の品質を左右します。

24時間片時も精米機の前から職人が離れることはありません。

35%精米ともなると72時間以上、三昼夜もの時間を要します。

その後、色彩選別機(4台)を使用して米を選別。

更にお客様のニーズによっては、複数回選別を重ねてより精度の高い製品に仕上げます。

ヒサシ通商の品質管理設備

 弊社の製品の品質の高さは、一度ご使用いただければ納得のいくものであり、ユーザーのリピート率100%は弊社の誇りです。 

 そこで、この度品質を可視化・データ化するために穀物用の測定機器類を導入して製品の分析を行うことに致しました。分析結果はソフトウエアによりデータ化し、プットアウトして可視化していきます。このデータは、自社製品の品質保証書ともいうべきものとなります。

© All Right Reserved HISASHI TSUSHO Co.,Ltd