認証

当社の食品安全マネジメントシステム「ISO22000」について

(1)適用規格   ISO22000:2018

(2)登録事業者  株式会社ヒサシ通商(福岡県久留米市荒木町白口2525)

(3)登録活動範囲 醸造用原料米及び米菓用原料米の搗精加工

(4)登録日    2021年9月16日

​(5)審査機関   ペリージョンソンレジストラー株式会社

ISO22000 認証.JPG
© 著作権保護、Copyright Protected
ISO22000 認証 英語.JPG
© 著作権保護、Copyright Protected

ISO22000とは

ISO22000とは、国際標準化機構が定めた食品安全の国際規格のことです。品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001を基礎として、食品衛生管理の手法であるHACCPを内包したものが、食品安全マネジメントシステム『ISO22000』です。

HACCPの食品衛生管理手法をもとに食品安全のリスクを低減し、安全なフードサプライチェーン(食料の一次生産から最終消費までの流れ)の展開を実現します。当社は最新の2018年版での認証を取得しました。

ISO22000の認証取得を目指した経緯

 コロナ渦においても、ここ数年日本酒の評価が世界的に高まりを見せ、特に米国やアジアを中心に日本酒ファンが急増しています。

海外市場に向けて輸出を想定する酒造メーカー様も少なくありません。

 そこで、日本酒の原料を提供する弊社がISO22000認証を取得することで「食の安心と安全を担保し酒造業界に貢献したい」と考えました。

 ISO22000の認証取得した弊社が提供する原料で製造された日本酒が、ジャパンブランドとして広く世界に認知される事こそ、弊社のビジョンです。