沿革


平成12年10月

福岡県久留米市荒木町にて

酒米搗精の専門会社として資本金300万円で設立。


平成18年

資本金を900万円に増資


平成20年

新精米機5台入替

穀物倉庫新設


平成21年

備品庫及びテント倉庫新設


平成22年

色彩選別機1台増設


平成25年

色彩選別機1台増設


平成27年

精米機2台増設


平成28年

   

 

 

 

 

平成29年

 

平成30年

精米機1台増設

2018年九州経済白書」に「酒米の生産・精米までを含めた日本酒のブランド化の取組」として

掲載される。

福岡県知事より「経営革新計画」を促進する事業所として承認される。

九州農政局より弊社の「経営力向上計画」が中小企業等経営強化法に基づいたものとして認定される。

KBCテレビ「土曜もアサデス」に出演。「久留米の酒蔵を支える精米加工会社」として放映される。

日本食糧新聞 第1面の「技あり味なカンパニー」のコーナーに「人を磨く・米を磨く ヒサシ通商」

の記事が掲載される。

九州経済産業局及び九州農政局より、弊社の事業活動が「農商工等連携事業計画」を促進するものとして

認定される。

KBCラジオ「朝どれラジオ」に出演。「高い精米技術をもった搗精専門会社」と紹介される。

財務大臣及び経済産業大臣より弊社の取組が「地域経済牽引事業」であるとして承認される。


経営理念


人と米を磨く

1.人を磨く

 お客様と日本酒の進化に貢献できるひとづくりを目指します。

 

2.米を磨く

 高度な専門性を以て永く愛されるものづくりを実現します。

 

我々の価値観

1. 利他
 仕事においてはお客様本位で考え行動します。

2. 誠実
 約束を守り信頼関係を構築します。

3. 成長

 仕事を通じて人間として成長します。

我々の行動規範

1. 常にお客様の立場に立った製品作りとサービスを行います。

2. 専門家としての技術と知識を高め、お客様にとってなくてはならない存在になります。

3. お客様に貢献した結果として物心とともに豊かな生活を実現します。

4. 報連相で情報を共有し、日々の業務の改善に努めます。

5. 出来ない理由を探すのでなく、達成する方法を考える事を習慣にします。

ごあいさつ


弊社は、平成12年10月福岡県久留米市荒木町に全国でも数少ない酒の原料米(酒米)に特化した精米加工会社として創立。

人と米を磨くヒサシ通商」という経営ビジョンのもと酒造りに貢献する高度な技術の追求と、それを可能にする人材育成に力を入れて参りました。

  • その年々で変化する米の作柄を見極める経験値
  • 気温と湿度に即して磨き方を調整する技術力
  • 同機種であっても性質の異なる機械を使い分けるノウハウ

これらを三位一体として、いかなる条件化においても最適精米を叶えることこそ弊社に課せられた使命と考え、「高度な専門性を以て酒造業界の地位向上に貢献し日本文化の承継と発展に寄与する」という弊社の企業理念の実現に今後も努めて参ります。

 

代表取締役社長

豊田 壽