上棟式

 9月13日(木)新社屋の上棟式を執り行いました。

この日はたまたま、天赦日 + 一粒万倍日 + 大安が揃い踏みした「2018年中最強の開運日」。

 天赦日とは、この日だけ百神が天に昇り、万物の罪を赦(ゆる)す日とされる「最上の大吉日」です。何事においても吉、成功しないことはない日とあり、暦に「万(よろづ)良し」とも注記されています。

 一粒万倍日とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実るほどの稲穂になるという意味であり、古来より何事を始めるにも良い日とされています。

 工場と事務所に若干の居残り組を残したものの、「新社屋の大きさを皆で共有しよう」と、社員参加の上棟式は、おかげさまで厳かな中にも微笑み溢れるものとなりました。